食育 幼児 教育

食育とは?

食育の目的は、食について考える習慣・知識・選ぶ力などを身につけさせ、健全な食生活を実践することができるように育てることです。

 

食育基本法が2005年に、食育推進基本計画が2006年に制定され、6月は食育月間、毎月19日が食育の日と定められ、健康増進のため、食の問題を改善しようという取り組みが始まりました。

 

食生活の乱れや、肥満・痩身傾向といった健康面の深刻な問題の改善のため、食に対する正しい知識、望ましい食習慣を身につけることなどが主な目的です。

 

子供たちの健康問題の改善のため、学校でも、積極的に食育に取り組むことが重要ということで、文部科学省は、地場産業などの活用や、米飯給食などで、生きた教材である学校給食の充実を進めています。

 

日本における食育は、食を通じて地域を理解する、食事のマナーを知る、食文化の継承、自然の恵みに感謝する、食べ物に関する仕事を通じ勤労の大切さを知る、などを一例に、食に関しての幅広い教育を目的とした取り組みとなっています。

 

日本では食育の目的は非常に多岐にわたっていますが、世界共通の食育の目的は「健康の観点」による食生活の改善です。

 

食育は、子供に対するものだけでなく、生涯学習の対象にもなっています。

食育はいつごろから?

食育のスタートは、生まれてすぐの授乳から、と言われています。

 

食育では、小さい頃からの食習慣がとても大切です。

 

そのため、食育は、できれば、妊娠中や、妊娠前からスタートさせた方が良い、という意見もあります。

 

赤ちゃんは、ママのお腹の中に居る時から、味覚を感じとっているといいます。

 

生まれてくる赤ちゃんのためには母体の健康も大切です。

 

健康で豊かな食生活を心がけ、食文化や、食事のマナーを考え、一刻も早く食育をスタートさせる必要があるでしょう。

 

食育基本法は2005年に制定されたばかりですが、子供はどんどん成長してしまいますから、漫然と普及を待つのではなく、積極的に、食育を生活に取り入れスタートさせることが望ましいでしょう。

 

よく噛んで食べるのが良いのはなぜ?

よく噛んで食べるメリットは、食品の味や美味しさがきちんと確認できることや、消化が良くなり下痢や便秘が解消する顎が強くなり、顔のラインがキレイになるなど非常にたくさんあります。

 

よく噛んで食べると、満腹感が得られるため、食べ過ぎず腹八分目の食事量になりダイエット効果もあります。

 

よく噛むことで胃の負担が減りますし、食材の栄養が無駄なく吸収されるようになります。

 

便秘も解消され、肌荒れ解消にもなります。

 

よく噛むことで集中力もつきますし、噛む刺激で、脳へと栄養素が流れるようになり、頭の回転も良くなります。

 

よく噛むことは、唾液の出を良くする働きもあり、その結果は、消化の促進や、虫歯やドライマウスの予防、老化予防などに繋がります。

 

唾液は、カルシウムやフッ素による歯の再石灰化を行うのに不可欠なため、よく噛むことで、唾液の分泌を促すことは虫歯の予防になるのです。

 

唾液に含まれる酵素には、活性酸素を消す働きのものもあり、食べ物と唾液をよく混ぜることで毒性が薄まるといいます。

 

よく噛まずに早食いしてしまうと、噛むメリットを放棄してしまうことになります。

 

満腹中枢が刺激されるまでに沢山食べてしまい、食べ過ぎや、カロリーオーバーで、肥満など生活習慣病の原因となってしまいますので注意が必要です。

朝ごはんを食べないと。。。

朝ごはんは、頭と身体を目覚めさせ、生活のリズムを整えてくれる大切な食事です。

 

朝ごはんは午前中の活動エネルギーとなりますし、脳に糖分を補給することで、集中力がアップし、勉強や仕事に集中することができて効率アップします。

 

朝ごはんを食べることで、基礎代謝もアップするため、太りにくい体質をつくることができ、ダイエット効果も期待できます。

 

また、朝ごはんを食べたり、飲み物を飲んだりして、胃に物が入ると、胃腸が刺激され、自然に排便することができるため、便秘解消にも繋がります。

 

せっかくの良いことずくめの朝ごはんですから、できる限り栄養バランスの良いメニューを心がけ美味しく食べましょう。

 

睡眠中に失われた水分を補給したり、眠っていて冷えた身体を温めるために、味噌汁やスープを加えるのもオススメです。

 

朝ごはんを食べないと、脳に糖分が補給されず、ぼーっとして勉強や仕事に集中できなかったり、疲れやすかったりします。

 

朝ごはんを食べないと、胃腸が動かないため便秘になりやすく、更に、身体が飢餓状態になることで脂肪をため込んでしまいます。

 

そして、代謝が悪くなって太りやすい体質になってしまう、生活習慣病のリスクか高まるなど、朝ごはんを食べない場合は、デメリットばかりなのです。

食材にもこだわりたい人に人気のサービス

食材にこだわる人、最近すごく増えてきています。そうでなくとも子供にとってより良いものをと思っていろいろと食材選びに時間をかけているのに、原発問題などが発生してしまって食材選びの方法を根底から変えなければって思っている人、多いのではないでしょうか?そこで、ここ数年で急激に人気が高まってきている食材の宅配業者をご紹介します。乳幼児向けの食材やレシピなんかも見れて結構参考になりますよ。
 おいしっくす

【管理人コメント】

定期宅配サービス「おいしっくすくらぶ」が非常におすすめです。旬の野菜をピックアップして提案してくれますので、その時期に必要な栄養を難なく摂取することができます(不要なときはキャンセル可)。1個から注文できたり、乳幼児向けおすすめ食材が充実していたり、放射能汚染に対する検査体制も充実していたりして、安心して購入できます。関東圏にお住まいのママさん方には特におすすめします。

.....詳細はこちら

 らでぃっしゅぼーや

【管理人コメント】

生産から宅配に至るすべての工程に関わって品質の維持向上が図られています。放射能汚染への検査体制がこちらも非常に充実しています。商品の放射能汚染測定はもちろん、産地が出荷する前のサンプル検査、さらには作付け前の畑の土壌分析にいたるまで徹底しています。スーパーで売られている野菜よりもはるかに信頼がおけます。
初めての方には「個別宅配トライアル」という、お試し利用が可能です。

.....詳細はこちら

 ミレー

【管理人コメント】

無農薬野菜、有機栽培野菜が購入できます。初回限定のお試しセットがお得です。

.....詳細はこちら